おすすめトレーニング

おすすめトレーニング

筋肉を付けることを狙うなら、瞬発的に大切な能力を作る速筋線維を鍛える必要性があります。それから、速筋線維を鍛えることを狙っているなら、短時間で高負荷を筋肉繊維へかけられるトレーニングを行ってほしいです。
ここで気になっていることが。胸筋や腕の筋肉を格段にするためであれば、ダンベルを現在の重量よりアップさせる!とできますが、腹筋のケースではどんな風にやれば筋肉をつけることのの高負荷と出来るのでしょうか?
正解は、「角度をつける」ことです。真っすぐな場所やシートで腹筋をするよりも、腹筋代というものを使い角度をつけて腹筋を始める方が強度があがり、キッチリと腹筋を割るといった目標に適しています。
※負荷がかかるぶん、ケガの危険性も上昇するため十分に注意してください。
【番外編】可動範囲への感性だけでも効果に差が出る。
人間のカラダは筋肉を収縮させながら動いています。常日頃のライフスタイルで筋肉がどういうふうに収縮してるから、カラダが動いていると意識をされていますか?きっとされていませんよね。
トレーニングを始める場合には、筋肉の収縮を意識するだけで、効果の表れ方が違ってくるとトレーニング業界でも考えらえています。腹筋をする際には、動きに合わせて筋肉が伸びている・縮んでいると意識をするようにしましょう。
おわりに
腹筋を割るために意識をやるべき重要ポイントとして、説明をしてきました。トレーニングでカラダを変化させることを希望しているなら、1日1週間というようなあっというまに成果を出すことは可能性が低いです。2ヶ月、6カ月と長期的なスパンでトレーニングを継続させ、十分に結果を見ながら次の目的を立てて動くことが重要だと言えます。
最後に何としても速攻で腹筋をキッチリと割りたいと思われる方へ、業界初の腹筋専門トレーニングジム、「BOSTY」を紹介します↓
BOSTYでトレーナーを従事してくれるのは、腹筋割のプロフェショナルです。料金なしカウンセリングも行っているため、間違いなく腹筋が割ることが可能かなど、カウンセリングをされてみては良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です