効率的なトレーニング

 

効率的なトレーニング

体脂肪を効果的に燃焼させると耳にしてスタートした有酸素運動、基礎代謝がアップすることによって寝ている間であっても脂肪を燃やしてくれると耳にしてスタートした筋力トレーニング。
「必ずや以前より、脂肪が落ちて腕や脚まわりに筋肉が付いた」「けれども、重要なお腹周りの贅肉が落ちず、腹筋が一切割れない」と肩を落とされている方は少なからずいると思います。
本音を言えば、お腹まわりの贅肉を落とし腹筋を割るということは非常に困難なこと。複数の重要ポイントを意識しながらトレーニングを行わないと、どれほど力を注いでも成果は簡単には表れません。
それには今回は、お腹まわりの肉を落として間違いなく腹筋を割っていきたいと思われる方に、複数のトレーニングをする上での方法をご紹介していきます。
はじめに筋肉、2種類について理解!
腹筋を割るためには、何よりも筋肉の種類を把握することが大切だと思います。筋肉は大きく2種類に分けられているのです。「遅筋繊維」「速筋繊維」です。トレーニング雑誌や、テレビ番組などで聞いたことはございませんか?
これら2つの筋肉繊維を下記でシンプルに説明いたします。大切ですので。こちらで特徴をおさえておきましょう。

遅筋繊維(赤筋)

スピードやパワーはありません。ですが、遅筋は主として脂質をエネルギー源としているので、持久力があります。また、酸素を効果的に活用するといった特色があり、長期間にわたって筋肉を収縮させるエネルギーを生み出すことに長けています。
マラソンや自転車などといった長時間の運動をする場合に重要な筋肉繊維です。脂肪をエネルギー源とするといったように、遅筋をより働かせるとダイエットにとても有効適となります。
遅筋繊維は主として有酸素運動で鍛えられていきます。とくに運動強度があまり高くないジョギングやエアロバイクを30~60分といった長い時間をかけて行うのが有効適です。

速筋繊維(白筋)

瞬発的に一番のパワーやスピードを生み出す筋肉繊維であります。遅筋繊維が脂質をエネルギー源としているのに対し、速筋は糖質を利用します。筋肉のなかに少しだけしかない糖質を活用しているため、筋肉繊維に継続力(スタミナ)はないと考えます。
急激に力を出すウエイトリフティングや、瞬発力がとわれる短距離ランナーにビックリするぐらい大切な筋肉となります。
速筋繊維を鍛えるケースでは、短時間で高負荷を筋肉繊維にかけられるダンベルやベンチプレスなどといった筋力トレーニングがオススメできます。速筋は太くなる特徴があるため、筋肉を付けたい、カラダをガッシリさせたいと思われているときには、速筋を鍛えるトレーニングをすることが効果的となります。
腹筋を割ることを狙うなら「速筋線維」を鍛える。ここに至るまでの説明で、筋肉には「遅筋繊維」と「速筋線維」の2種類があるとおさえてもらいました。腹筋を割ることを希望するなら、お腹まわりを覆う筋肉が必要となるため、前述でも説明をしたのと同様に速筋を鍛えていくことだと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です