プライベートジムの選び方

 

皆さんが「プライベートジム」と聞いて思い浮かべるイメージはどのようなものでしょうか?
個性的なBGMと多数の有名人起用で話題となったCMでおなじみの「ライザップ」を思い浮かべる方は少なくないでしょう。このCMにより、以前はスポーツ選手や芸能人など一部の人向けと思われていたプライベートジムが広く世間に知れ渡り、一般人であるわたし達にとっても身近な存在になってきました。
しかしながら、いくら身近になって興味のある人が増えたとはいえ、入会して実際に始める人は少ないのが現状ではないでしょうか。フィットネスクラブと比べると費用が高いため簡単に入会を決めるのは難しいものです。それにライザップ以外にも多くのプライベートジムがあり、どのジムが自分に適しているのか判断するのは容易ではありません。そもそも、プライベートジムとフィットネスクラブの違いはなんなのでしょうか。

 

◆プライベートジムとは?

プライベートジムは完全予約制かつ個室でのトレーニングが可能です。そのため「トレーニング中の姿を見られたくない」「集中したい」という方にオススメです。また、専任のトレーナーがつき、パーソナルトレーニングメニューを作成してくれます。個人の特性に合わせたメニューに沿ってマンツーマン指導を行ってくれるのです。さらにジムでのトレーニングだけでなく、食事指導を行ってくれるところがほとんどです。普段の食事内容を報告するとアドバイスをもらえるのです。そのため効果が出やすく、当然ダイエットの成功率も高くなります。この「完全予約制かつ個室でのトレーニング」「専任トレーナーによるマンツーマン指導、食事指導」がフィットネスクラブとの大きな違いと言えます。

 

◆プライベートジムを選ぶポイントは?

一言でプライベートジムと言っても、価格やサービス内容は実に様々です。そんなプライベートジムを選ぶ際には以下の8つをポイントして考えてみてください。

◇トレーナー

これは最大のポイントです。普通の学生がアルバイトでトレーナーをしている…なんてこともあるのです。決して安くはないお金を払うのですから、きちんと研修を受け、実績を積んだトレーナーが多く在籍するジムを選びましょう。また、マンツーマン指導となりますから相性も重要です。もし相性が合わなかった場合に途中変更が可能かどうかも確認しておきましょう。

 

◇価格

ジムによって価格にもかなりの違いがあります。2ヶ月10万円台で通えるところもあれば、30万円を超えるところもあります。しかし、安ければ安いほどいいというわけではありません。価格の安さで決めてしまい、いざ入会してみたら予約がなかなか取れなかったり古いマシンだらけだったり…ということもあるのです。入会後一定期間であれば「全額返金保証」ができるジムもありますので、こちらも確認しておきましょう。

 

◇トレーニング内容

あなたがプライベートジムに通いたいと思うその目的は何でしょうか。痩せたい、ムキムキになりたい、体力をつけたい…人それぞれ理由があると思います。その目的に向かって課題をクリアし、継続していくためには本人の努力が必要不可欠です。また、プライベートジムでは筋肉トレーニングや有酸素運動、食事制限などトレーナーと2人3脚で進めます。自分の目的達成のために必要なマシンがあるのか、トレーナー作成のトレーニングメニューは納得できるものなのかどうかなど、きちんと見ておきましょう。

 

◇食事制限

プライベートジムには食事指導があると前述しましたが、ここにもやはりジムごとに差があります。炭水化物や甘いものは禁止といった厳しい食事制限があるところもあれば、ストレスがかからないようある程度食べてもOKというところもあります。普段から食べるのが好きだという方は厳しすぎるジムだと続かない可能性もありますので、注意しましょう。

◇設備

プライベートジムの特徴である個室でのトレーニング。その個室もジムによって様々です。トレーニングできるくらいの空間があるだけの個室でシャワールームは共同というジムや、ホテルのような豪華な1室を完全に独り占め出来るようなジムもあります。また、マシンが最新かどうかも重要です。プライベートジムは無酸素運動中心ですので、ダンベルやベンチプレスなどどこのジムにもあるマシンでも、細かく重さの調整ができるとなお良いと思います。

 

◇ウェア・シューズ・タオルなどのレンタル

トレーニングに必要なウェアやシューズ、タオルなどは意外とかさばって荷物になります。ジムによってはそれらすべてを貸し出してくれるところもありますので、手ぶらで通えるかどうかも選ぶ基準にしてみるとよいでしょう。

 

◇プロテイン・ドリンクの有無

トレーニング効果を最大限に高めるためプロテインなどを飲む方も多いでしょう。ですが、荷物になる上にプロテインは月に5,000~10,000円ほどかかってしまいます。ジムによっては無料でプロテインなどのドリンクを提供してくれるところがありますので、選ぶ基準にしてみてください。
◇通いやすさ
毎月、毎週通うことになるジムですから、立地も重要なポイントです。価格やトレーナー、設備などの条件がクリアしていても、家や職場から遠かったり電車の乗り継ぎが多くては通い続けられるか不安です。また、出勤前や仕事帰りなどに通う予定の方は営業時間もしっかり確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です